髪が傷むのは、なぜ?

髪のダメージはキューティクルの損傷から始まります。

 

その要因は【毎日のシャンプーやブラッシング、髪を乾かす時のドライヤーの熱やブローの仕方】【紫外線や水、その中に含まれる塩素】【美容室でのカラーやパーマ、そしてカット】など…キューティクルが損傷すると、それ自体がはがれ、栄養分が流れ出し、内側の傷みへとつながります。

 

だからこそ内側からも外側からもトータルにケアする事が大切です。

美容室のシャンプー剤と市販のシャンプー剤の違いって?

美容室専売品と市販商品では、活性剤や洗浄成分などの内容成分が違いがあります。

  

市販の商品の特徴は、泡立ちがよくて洗浄力も強く、コンディショニング成分をたっぷり配合しています。指どおりがよくて洗いやすいですが、すすぎが悪いと髪や地肌にシャンプー成分が残り、かゆみや汚れの原因になることがあります。

 

対して美容室専売品は、低刺激の洗浄成分でつくられていることが多く、髪にやさしいけれど、しっかり洗い上げます。また、pHコントロール、褪色防止、アミノ酸やタンパク質の補給効果など、カラーやパーマをきれいに保つための役割もしてくれます。

 

※内容成分だけに目がいってしまい、過剰に●●●が入っているから粗悪品と決めつけがちですが、成分の配合バランスによって良くも悪くもなるので、トータル的に判断されるのが好ましいと思います。

 

また、近年、美容専売品と言われるものも、ネットや量販店などに出回っている 現状があります。

 

薄毛にお悩みの方は、頭髪だけではなく頭皮にやさしいアミノ酸系などの低刺激シャンプーや脂漏・粃糠性脱毛症の場合は、フケやかゆみを抑える成分が入っている薬用シャンプーなどがお薦めです。

 

seguitoホームページ
seguitoホームページ
セグイートの     エイジングMenu
セグイートの     エイジングMenu
簡単まとめ髪     アレンジ法
簡単まとめ髪     アレンジ法
セグイートの日記
セグイートの日記
求人募集!! ※美容師
求人募集!! ※美容師