薄毛・細毛予防と対策

薄毛の要因は1つではなく、さまざまな原因が絡み合い女性ホルモンが減少するなどして、ホルモンバランスが崩れることで、薄毛になると言われています。

主な原因としては、以下の5つの説があると一般的に言われていて、その他の原因として、薬物使用・皮膚疾患・甲状腺疾患などもあります。

AGA・FAGA・びまん性脱毛症など、医療機関で治療が可能となってきていますので、悩んでいる方は無料相談を利用して、相談に行かれる事をお薦めします。

原因

■遺伝

人体の設計図であるDNAには、細胞の活動プログラムが記憶されています。

DNAは遺伝情報を担う物質で、その中の、薄毛や抜け毛の進行に関する情報が発現すると毛髪の成長は阻害されます。

■ストレス・ショック

ストレスを強く感じると、自律神経などのバランスが崩れ、血行が悪くなったり、炎症が引き起こされるなどの症状が生まれます。

その結果、毛根まで栄養が行き届かなくなったり、毛根自体にダメージを与えます。

 

ストレスをためない為に…

  • ゆっくり湯船につかってリラックスをする
  • 適度な運動、ストレッチなどを心がける
  • 首や肩が固まらないよう、こまめに伸ばす
  • ストレスで消費されるビタミンCを摂る(フルーツ、緑茶、緑黄色野菜など)

■食事・生活習慣

栄養バランスの悪い食事や喫煙、睡眠不足などで体の代謝機能が低下すると肌も栄養不足の状態になります。

その結果、頭皮環境の悪化、毛根の栄養不足を引き起こし、毛髪の成長が阻害されます。

 

栄養バランスを整える為に…

 良質なタンパク質をしっかり摂取すること

 (タンパク質はアルコールや喫煙などによって減少するので注意が必要です。)

  • ビタミンB1:細胞の成長と修復をサポート
  • ビタミンB2:細胞の再生を助け、皮膚や髪の再生を促進。不足すると、髪や皮膚のトラブルが起きやすくなる
  • ナイアシン:代謝に関わる重要なビタミン。皮膚の機能を正常に保つ働きが期待されている。
  • ビタミンB6:細胞の分裂や成長に不可欠。不足すると皮膚が脂性となり、フケが出ることも。
  • ビチオン:毛髪や肌のビタミンとして知られ、白髪や脱毛を防ぐといわれている。
  • パントテン酸:ストレスに対する抵抗力を生み出すビタミンとして有名。骨、血液、コラーゲン、ヒアルロン酸の生産に関わっている。
  • 亜鉛:約300種の酵素を活性化させるために必須のミネラル。新陳代謝や細胞の成長に重要な働きをしている。
  • メチオニン:体内で葉作り出せない必須アミノ酸。タンパク質を作り出すシグナルを発して、髪の毛を作り出す。

■頭皮環境

毛穴が詰まっていたり、清潔な状態が保てないと皮膚常在菌のバランスが崩れ、頭皮環境が悪化します。

その結果、表皮のターンオーバーが乱れ、皮膚のバリア機能が低下し、毛根自体へダメージを与えます。

 

頭皮換気用を整える為に…

■加齢

年齢を重ねると、細胞の活力低下や血行不良が引き起こります。

また、ストレスや加齢などによって、ホルモンバランスが崩れると、抜け毛が起きやすくなります。

 

ホルモンバランスを改善する為に… 

  • 大豆製品でイソフラボンを積極的に摂る(豆腐、きな粉、納豆、味噌など)
  • ビタミンEを積極的に摂る(アーモンド、かぼちゃ、アボカドなど)
  • ストレッチやヨガなどでストレスを軽減する
  • 女性ホルモンの働きを補う香りをかぐ(クラリセージ、アニストフェンネルなど)
  • サプリメントで補足する(イソフラボン、ビタミンEなど)
  • コラーゲンと一緒にビタミンCも摂り、体内でコラーゲンが生成されやすくする(手羽先、豚足などの軟骨、フカヒレ、牛筋、うなぎ、すっぽんなど)
seguitoホームページ
seguitoホームページ
セグイートの     エイジングMenu
セグイートの     エイジングMenu
簡単まとめ髪     アレンジ法
簡単まとめ髪     アレンジ法
セグイートの日記
セグイートの日記
求人募集!! ※美容師
求人募集!! ※美容師