白髪の原因と対策

白髪になる要因は1つではなく、

遺伝や加齢でメラニン色素を上手に作り出せないと白髪になる

 

実は、白髪の原因は、医学的にはっきり特定されていません。

ただ、考えられる原因としては、遺伝や加齢、生活習慣、ストレス、病気などさまざまな原因が絡み合うことで、メラニン色素を作るメラノサイトという色素細胞の働きが悪くなるのが原因ではないかといわれています。  

 

■遺伝

 遺伝による白髪の発生の詳しい原因はまだ解明されていませんが、家族に白髪が多いとその子供や孫も白髪になりやすいという傾向があります。特に、若白髪と呼ばれる30歳前後の白髪については遺伝的要因が強いといわれています。

 

 ■ストレス

 遺伝や加齢ではない白髪の場合は、ストレスの原因となる場合が大きいといわれています。

極度のストレスを感じると、短期間で白髪になることがあります。

 

■食事・生活習慣

 脱毛と同じように、栄養バランスの悪い食事や喫煙、睡眠不足などで頭皮環境が悪化し、白髪になることがあります。

 

■頭皮環境

毛穴が詰まっていたり、清潔な状態が保てないと、細菌が繁殖し、頭皮環境が悪化します。

その結果、表皮のターンオーバーが乱れ、皮膚のバリア機能が低下し、毛根自体へダメージを与え、メラニンの生成に影響を与えます。

 

■加齢

 年齢を重ねると、メラノサイトの働きも衰えてきます。白髪は一般的に35歳前後から出始めるといわれています。

 

これらの原因が引き起こす症状は、「メラノサイトの活性低下」、「血行不良」、「頭皮環境悪化」の3つです。白髪ケアは、これらにアプローチする必要性があります。

 

メラニン色素を作り出して黒髪にする為に…

  • 加齢とともに減ってしまうコラーゲンや亜鉛、ビタミン、ミネラルを摂る
  • 栄養分が毛根の細胞まで届くように、頭皮の血行を促す

 

 

 

 

seguitoホームページ
seguitoホームページ
セグイートの     エイジングMenu
セグイートの     エイジングMenu
簡単まとめ髪     アレンジ法
簡単まとめ髪     アレンジ法
セグイートの日記
セグイートの日記
求人募集!! ※美容師
求人募集!! ※美容師