ウィッグについて

ウィッグを選ぶ際に押さえておきたいポイントは、【構造(植え方など)】・【素材(毛髪・土台)】・【サイズ】この3つが自分に合ったものをしっかりと相談して選ぶことです。

 

お手入れ

原因は様々ですが、毛絡みによるトラブル[※スタイリング剤や摩擦(静電気)によるものが多い]が最も多いようです。

なかでも、フレーキング現象(ハードタイプのスタイリング剤を使用するとおこり易い…糊成分や樹脂成分が白くこびりついてしまう現象)になると、たわしのように絡まってしまうので、使うスタイリング剤には、気をつけて下さい。

スタイリング剤を使わなくても、人毛は約3カ月くらいからチリつきや色落ちが始まり、冬間の乾燥時期だと人工毛も静電気によるトラブルが増えてきます。

 

洗い方

ウイッグを裏返して、水もしくは、ぬるま湯で押し洗い・つけ置き洗いをして下さい。※ゴシゴシ洗やお湯だと絡まり易くなるので気をつけて下さい。

 

フレーキング現象を起こした場合は、少しの間ぬるま湯に浸して、こびりついている樹脂成分をふやかしてから、シャンプーするということを何度か繰り返して下さい。

 

乾かし方

金ブラシや粗めのコームでウイッグは裏返したまま、毛先から、やさしく梳かして下さい。

基本的には、ウイッグスタンドに置いて自然乾燥が好ましいです。

※ドライヤーを使う場合は冷風を使用して下さい。

 

乾燥時期は、洗い流さないタイプのトリートメントを毛先につけると毛絡みの防止になります。

※手で梳かすと皮脂が付いたり、毛絡みの原因にもなりますので、梳かすときは、必ずブラシを使うように習慣づけて下さい。

seguitoホームページ
seguitoホームページ
セグイートの     エイジングMenu
セグイートの     エイジングMenu
簡単まとめ髪     アレンジ法
簡単まとめ髪     アレンジ法
セグイートの日記
セグイートの日記
求人募集!! ※美容師
求人募集!! ※美容師